経営者・役員の方 御社の部署やプロジェクトチームが崩壊してしまうかも…

部長やリーダーに、このようなことはありませんか?

  • 仕事はできるのだが、コミュニケーション上の問題があり、それが要因で周囲との軋轢を生んでいる。
    クロス・ファンクションで進めているプロジェクトが滞りがちであり、このままでは納品日まで間に合わず、大変な損失に繋がりかねない。
  • 彼は成果を上げているのだが、下の人間がどんどん疲弊し辞めていく。
    物事を主張しすぎるきらいがあり、どうも怒りを抑えられず、感情が高ぶると理性的に話ができない。
  • 自分のチームメンバーに範を示すことができず、仲良しグループを作ってしまう。
  • 決断力がなく、いつまでも決めることができないため、往々にして物事が滞る。
  • 仕事の優先順位が曖昧いであり、往々にしてとんちんかんな考え違いをしている。
    非常に重要なトップマネジメントからの問い合わせについて、タイムリーに答えられないどころか、時々忘れているようだ。

このままでは取り返しのつかないことになってしまうかも・・・使えないヤツなんでクビだ!部下に烙印を押してしまう前に…

まずは気になる部下の
リーダーシップを診断してみましょう。

お気軽にご相談ください

メールで相談

リーダーシップ アセスメント

評価基準の定義
  1. まったくない
  2. まれにある
  3. 時々ある
  4. 十分にある
  5. 常にある

  1. 部門の目標を達成するために、優先順位に基づく計画を立て、適切な役割分担を行い、進捗管理をし、粘り強くチームをリードしている。
  2. 部門がどんな目標を目指しているのか理解し、またその目的を部下に説明している。
  3. 部門の成果を上げるために、部下を公平・公正に取り扱っている。
  4. 中長期の視点を持ち、成功と失敗から学び、継続的な改善を奨励・実行している。
  5. 自分の部門の成績をあげるためだけではなく、会社にとって何がいいのかを考え判断し、行動している。
  6. 必要な情報に基づき、感情に左右されずに冷静に判断し、行動している。
  7. 判断と行動について、先延ばしせずにタイムリーに行っている。
  8. 部下に誤解がないよう、明確な指示を出している。
  9. 部下の成長を促す仕事を与えている。
  10. 部下の意見を注意深く聴き、謙虚に受け止めている。
合計

診断結果

60点以上:合格

優れたリーダーと言えましょう。
もし、著しく低い点の項目がある場合には、何がその原因なのか棚卸しを行い、自覚を促し、経過の観察が有効です。
しかし大多数のこのエリアにいるマネージャーはご自分を磨き高める習慣をすでに身に付けていると思われます。

30点以上60点未満:改善の余地あり

概ね良いリーダーと言えましょう。
しかしながら気になるエリアについては、自助努力をただ待つのではなく積極的な働きかけが重要です。

30点未満:不合格

各項目にばらつきが大きく、優れたエリアもあるが、全くだめなエリアもある。
点数が低い項目について重点的なコーチングを必要とします。
各項目にばらつきがなく、平均して点数が低い。
そもそも現在のポジションを担うだけのビジネス・スキルを内側に持っているの
かが問われます。

我々は、リーダーシップ・コーチングを提供致します。

エグゼクティブコーチに相談する

具体的なケースとその対応例

Q&Aの形でまとめてみました。

ケース1

彼は成果を上げているのだが、下の人間がどんどん疲弊し辞めていく。
物事を主張しすぎるきらいがあり、どうも怒りを抑えられず、感情が高ぶると理性的に話ができない。彼の下にはなりたくないと社内で知られてしまっている。
どうやって改善するのか?

行動特性から、どのようなコミュニケーションタイプであるのかを理解し、相手に合わせたコミュニケーションが取れるようにスキルを磨きます。
課題図書としては、「コーチングのとびら」や、「タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく」などを用います。

【参照】コーチングのとびら―伸びる部下は上司がつくる  石川 尚子

ケース2

真面目で誠実であり、ハードワーカーであったので今回抜擢したが、彼のチームの仕事が停滞しがちだ。どうも自分で仕事を抱え込んでしまい、下に振れないらしい。
昇進した後、もともと退社は遅かったが、今では社内でいつも最後に退社するのか彼である。こんな彼をどうしたものか?

行動特性を分析し、何が問題を作っているのか、原因を洗い出しします。
その上で必要とされるビジネス・スキルを身に付けてゆく、クライアントに合わせた個別のプログラムを立案します。
往々にして問題が起きてしまうのは、ご自身の行動特性の中で対立が起きている場合があり、例えば共感性が強く相手を気遣ってしまい仕事が振れない、責任感が強く自分で仕事をため込んでしまうなどがあります。
しかしチームとしてはどうなのか?
自分が抱え込んでしまうことで、かえって部下の成長を妨げていないのか、などの対話を行うことによって、意識が変わり、自覚が促され、行動が変わるというサイクルを創り出せます。

ケース3

決断力がなく、いつまでも決めることができないため、往々にして物事が滞る。
また指示も明確でないがために、部下が動けないためいっこうに成長しない。
彼に任せることが出来ないが故に、私の時間も彼の尻拭いのためにどんどんなくなってしまう。

行動特性を分析、理解し、その行動特性を最大限活用した、自分がありたいリーダー像を明確化します。そしてそのリーダーならばどのようなあり方(Being)なのか、どのような行動(Doing)なのか、何を追及してゆくのか?(Willing)を明確にし、習慣化します。
往々にしてこの三つのどれかが欠けている時に、リーダーシップが必要十分で発揮されないことが多いので、ここも個人個人にカスタマイズしたプログラムを立案し、習慣化されるまで共に歩みます。

お客様の声をご紹介します。

  • 酒井さんは、米国にてMBA修得者であり、またモービル、アマゾンと、世界規模企業在籍経験者である。特に、アマゾンジャパン立ち上げ、主要メンバーとしての役割は企業内起業経験と言える。
  • 酒井さんとのコーチングは、「経営」に欠かせない、「冷静」な対話であり、コミュニケーションである。
    経営者が必要とする客観的な視点を提供してくれている。問題の原因と解決の答えは自身の中に潜んでいる事、その気付きを引き出してくれる。
    結果として行動が変わり、成果である業績向上に結びついている。
  • コーチングの成果としては、自分の強みを認識し、それを活かすことによるリーダーシップを意識できたことです。
    つまり、自分はどのような人物であるかを酒井さんとのセッションを通じて整理できた点は大きな成果です。
    今までのリーダーシップセッションであまりここまで深堀はしていなかった。
    「部下について個別に考える時間を1分でもよいから持つ」という観点はこの時期だからこそ有益と思います。
  • 自分自身(また相手)を客観的な側面で理解する。
    どういう思考で物事を考え、対応するかなどについて、自身のリーダシップのスタイルを確立できたと感じました。
    色々と業務をするうえでの課題などを考える良いアドバイスを頂戴し、ありがとうございます。

今すぐご相談下さい!
必ずヒントが見つかります。
無料相談はこちらから

氏名

必須

会社名

必須

役職

必須

メールアドレス

必須

お問い合わせ内容

必須

相談メールを受け付けました。

改めてご連絡致しますので暫くお待ち下さい。

なおご相談内容ついて確認メールをお送りしました。

確認メールが届いていない場合

● 迷惑メールフォルダーやゴミ箱に入ってしまっている

● ご登録されたメールアドレスが正しくない

このような場合もございます。今一度ご確認ください。

会社概要

  • 社名:株式会社相談ネットコム
  • 本社:〒231-0032 神奈川県横浜市中区不老町1-2-1中央第6関内ビル3階302号
  • 設立:平成22年2月22日個人事業主として設立後、平成27年7月7日法人化
  • 資本金:500万円
  • 代表者:代表取締役 酒井孝典
  • 事業内容:エグゼクティブ・コーチング、経営コンサルティング、集合研修プログラム
  • 取引銀行:三井住友銀行 横浜支店

ご提供いただきました個人情報は、本サービスに関する手続、問い合わせ対応等、個人情報保護方針に基づき利用いたします。
また、ご提供いただいた個人情報は、目的の範囲を超えて利用することはありません。

SNC SodanNetCom

(c) Copyright © Sodan Net Com Inc. All Rights Reserved.